トロンボーンって何ですか?よくわかりません!

トロンボーン関係の記録のためブログに残します。

インターミディエート・ジャズコンセプション

f:id:nakajiimasan:20170919011248j:plain
インターミディエート・ジャズコンセプション
気づいたら2007年出版だったので、もう10年もやってることになります。まだたくさんできないところある。:;(∩´﹏`∩);:
スティーブ・デイビスの模範演奏が素晴らしいんです。

トロンボーンの一番難しいのは音程だなと、当たり前のことを最近よく思います。
長めの音符でのハーモニーとかならまだいいんですが、スライドが動き続けてるところで音程を出すのがものすごく難しい。
プロとアマチュアの一番の違いはここです。
素人音楽家でフレーズ(とりわけアドリブフレーズ)に音程が出る人は、今まで見てきた人の中でも、1,2パーセントくらいかな…
※もちろん自分は入ってないですよ

アドリブとか、自由に吹けるかどうか以前の問題で、基礎能力が足りないと、聞いてる人に聞く努力を強いてしまいますよね…(´;ω;`)
上手くなるまで我慢してもらうしかありません。

シャンク合わせの大切さ

以前中古で手に入れたB&S 3085GBを持っているのですが、
若干たまにツボが甘いなあ?と思うことがあったのです。

で、楽器屋でなんとなく88Hを吹かせてもらったところツボがよい。
ほとんど同じ形なのになんでかな?と思って比べてみたら。。。
あ!入りが全然違う!

f:id:nakajiimasan:20170826155247j:plain
B&S 3085GB

f:id:nakajiimasan:20170826155302j:plain
Conn 88H

いかがでしょう。3085が明らかに浅いですね。
そしてかなりガタつく。
マウスピースについた跡を見ても、他のトロンボーンに比べて浅い。
リペアに持っていって調べてもらったところ、
「マウスパイプ内部が若干楕円になってますね。。。」
とのことでした。海外製のものでは、たまにこういうことがあるらしいです。。。

で、色々悩みましたが、もういっそのことと思って、マウスパイプ内面をリーマーで削ってもらいました。
ちょうどテーパーを合わせるための工具があるとのこと。

削ってもらって覗いてみたら、なんとなくきれいになってる部分は削られた?くらいのものでした。
ちょっと心配していたのですが、これなら大丈夫でしょう。
しっかり刺さるようになりました。
f:id:nakajiimasan:20170908221853j:plain

で、吹いてみたんですが、なにこれ別物!
ツボは合うし、ピアノからフォルテまでストレスなく吹ける。
完全に生まれ変わりました。
ここはものすごく大事なところなんですね。
ボブ・リーブスもシャンクを変えられるマウスピース出しましたし。

なんかガタつくなあ?と思う人は、リペアに持っていってみるのもいいのかもしれません。
もちろんマウスピースと楽器の相性もあるのですが、
楽器自体に歪みがある場合もあるという話です。
自己責任になりますが、成功すればとてもいい感じです。

Michael Dease 2

片倉真由子3+Michael Dease @お茶の水Naru
2回目行ってきました。
ブラビッシシモでした。すけさん的2017年ライブベスト3に入るであろう感じです。
コルトレーンのlove supreme なんてやってましたが、圧巻でした。あれトロンボーンでできるんだ!( ̄O ̄;)
ジュリアードで同期だったという片倉真由子氏の存在で、非常にバンド感がありましたね。
僕がレコード会社の人だったら、とりあえず明日レコーディングしてもらうのに。

音色が素晴らしい。イアン・バウスフィールド聴いた時の感動と同じくらいです。
ベルの後ろ気味の遠目の席だったんですが、ノンマイクなのに小さく吹いてもよく聞こえます。
超ハイテクニックと歌心が両立してました。
CDだと正直あんまり好きじゃなかったんですが、印象が180度変わりました。(^∇^)

片倉氏がマイケルの演奏中ずーっとニコニコしてたのが印象的でした。同期の縁は濃ゆいものなのでしょう。
飛び入りで、駒野さん上杉さん石橋さんとミシガン大のお弟子さんも演奏。マイケル・ディーズも『僕、日本にいらないね笑』という、これまた耳福でした。
ああ東京いれてよかった。来週はまた山口出張ですので、かぶらんで良かった。

f:id:nakajiimasan:20170901012511j:plain

Michael Dease

マイケル・ディーズ氏聴いてきました。若手のトロンボーンプレイヤーこぞって聴きに集結みたいな感じでした。

太くて艶やかでとっても良い音!
CDより断然好印象。アドリブもユーモアたくさん。
楽器は太管のマイケル・ラスで、スクリューベル。最近ラルフザウアーモデルもそうですが、スクリューベル良いのかな。

中川英二郎氏もテナーバスで飛び入り。トロンボーンバトルでお約束のチェロキー。
太管でよくあんな俊敏に吹けるなと…( ̄O ̄;)

明日はアルフィー、明後日は御茶ノ水ナルっぽいです。
f:id:nakajiimasan:20170829003932j:plain

Getzen 4147IBとConn 88HR

Getzen 4147IBとConn 88HRを比べたら、88HRも全然いいじゃないですか!
確かに4147のが響きは多い気がするけど、24万の値段差ほどではない気が。
私がオーケストラプレイヤーなら、4147を選んでもいいかもしれないのですが、そういうわけではないので。
なにより88は持ちやすいです。ど真ん中は理由があるだなあ。

ほとんど同じ形のB&S 3085GBはスライドがニッケルだから、若干バランスがベル側に行っちゃうんですね。

シグネチャー・モデルの謎

今の世の中、楽器もマウスピースもシグネチャーモデルはたくさんあります。
が、ほとんどのモデルが、作った本人が数ヶ月から数年で使わなくなっているようです。
あるいは市販されているものと仕様がだいぶ変わっていたり。。。
willie'sとか、ほとんどのモデルがシグネチャーみたいな扱いですが、
ほとんど使わなくなっていくという。。。
使わなくなっていることを大声で言うことはないので、
目立たないのですが、ライブで見かけると違うんですなあ。

やっぱり本人が変わっていくから、
嗜好が変化するんでしょうね。
とはいえ、やっぱり本人が使ってないとガクッと来てしまいますよね。

椎名豊クインテット

今日はおとなしく帰ろうと思ったら、隣駅ですみだストリートジャズフェスティバルではありませんか。無料だし、つい行ってきました。
片岡雄三さんおられました。(゚∀゚)
東京に来てからご無沙汰でしたが、やはりブラビッシーモでした。
サックスと半分こしたバラードのテーマの吹き終わったら、客席から歓声と拍手が巻き起こるという。

新曲っぽい最後の曲、ものすごい盛り上がりでしたが、終わり方がわからず空中分解するかと思いました。珍しい。こんなこともあるのねと。多分ノーリハだったのでは。

今日は、多分普通の3Bの銀ベルだったっぽいです。
会場が広いからライトウェイトじゃなくて通常のにしたのかな。

f:id:nakajiimasan:20170818232046j:plain

ニッケルベルの特徴

ニッケルベルで検索すると、何やらこのブログが一番最初に来ますね。

ということでたまに追記しておきます。
昨日久しぶりに、手持ちのR-1Yサテン・R-10Nサテンを吹き比べてみました。
ニッケルの特性がよくわかります。
楽器が温まらないときと温まった後の音色の差が非常にでかい。
最初はパリパリ言います。
あとこれはプロの方からも聞きましたが、
自分に聞こえる音色と前に出る音色の差が大きいっぽいです。
自分では普通に吹いてても、相当スクエアに聞こえたり。
ビッグバンドの1stとかではとてもいい仕事すると思います。

Michael Rath R3 マウスパイプ

1時間以上かけて、ジョイブラスで和田充弘さんと一本マウスパイプ選びました。(^∇^)
Michael Rath R3用。
楽器もマウスピースも同じだから、いい感じにアドバイスいただけました。思った以上に個体差がでかかったです。
ニッケルの31をチョイス。この写真以外にもたくさん在庫があって、同じマウスパイプも3本の中から選んだ贅沢…
ニッケルはスターリングシルバーに似てますが、銀ほどはキツくないのでいい感じです。

f:id:nakajiimasan:20170807233655j:plain

EQ plus

最近、村田陽一氏連発です。

ちょうど管楽器聴きたいと思っていた時、ちょうどよいのを発見しました。
EQ1度くらいは聴いておかないとと思ってたのと、村田陽一氏がコンボで吹いてるのも初めてでしたし。
いいライブでした。Moment's Noticeカッコよかった。(^ν^)
村田氏は、音の終わりをリズムよく切るから、全体が凄くスクエアに聴こえますね。

楽器を持ってないときでもできるいい練習はないかなと考えて、色々試しています。
だいぶ前から、ライブを聴いてるとき演奏に合わせて音を出さないでスキャット歌ってなぞっております。同時コピー。人がみたら、ずっと口を動かしてるから不気味なはず…(´Д` )
目の前の演奏の1秒先を読むつもりで、ユニゾンに挑戦。
ここ数ヶ月で、シンクロ率がかなり上がってきたような気がします。
音符の最後まで息の圧力保ってるんだなってわかります。自分は気をぬくとすぐ抜いちゃう。

f:id:nakajiimasan:20170802194825j:plain