トロンボーンって何ですか?難しいです!

トロンボーン関係の記録のためブログに残します。

村田陽一HookUpライブ

村田陽一HOOKUP@高円寺JIROKICHI聞いてきました。
トロンボーン始めた頃に村田氏のこのファンクのアルバム聴いて、ずっとライブ行きたかったのが、15年くらい経ってようやく実現しましたよ。
やっぱりめっちゃかっこよかった。村田陽一氏自体は去年椎名林檎コンサートも4回行ったし、わりかし聴いてると思うんですが、コンボサイズは初めてでした。
Bach 16が欲しくなる。笑
アンコールはカンタロープアイランド!
最近セッションでもやったんですが、自分が吹くとすぐマンネリになってしまうのに、どうやってあんな飽きさせずにバリエーション豊かにソロが続けられるんだろうと思いました。

f:id:nakajiimasan:20190411233217j:plain

Oリング

ベルとスライド部のナット(?)が、取り外しているときにカチャカチャするのが気になるので、
Oリングをつけてみました。太管の場合で、外形寸法ノギスで測ってみると17.2mm程度だったので、
とりあえずホームセンターで売っていた14.8mm内径のOリングをつけてみました。小さいかなと思ったけど、つきました。
まあこんな感じかなと。
確かクルトワの420とか最初からついてた気がします。

カチャカチャしないようになり、その点はいい感じです。
しかし楽器によっては鳴りに影響する感じがします。
この位置から1cm前後に動かすとそれぞれ感触が変わるので、その調整も大事かも。
場所によっては、ちょっと抵抗が増える感じがあったりします。
キングはナットがスライド側ですが、そっちはそんなに影響感じませんでした。

f:id:nakajiimasan:20190406190837j:plain
Oリング

片岡雄三セクステット

六本木サテンドールスペシャルセッションライブに行ってきました。
実質、片岡雄三セクステットという感じでした。
トランペットの小松さんが、配偶者の高校の時の先輩とかで、ようやくお聞きできました。百戦錬磨のベテランに挟まれる新進気鋭のトランペッター!
この組み合わせは初回だったらしいですが、バンド感があってとても良いライブでした。レギュラー化しそうとか。
サックスの太田剣氏も初めて聴けました。これだけライブに行っても、まだ聞いたことない人がたくさんいる。

片岡さんのトロンボーンの鳴らし方は爆裂ですね。
銀ベルじゃないと耐えきれない。
片岡モデルが出てますが、今はもっぱらノーマル3BSを使用されているようです。
ライトウェイトだとやっぱりちょっと軽かったのかな。

続きを読む

音程

自主練日。
iPadでtunableというアプリを使い、波形を見えるようにして音程を確認するのが、
非常に良い練習方法です。

6セントの幅に安定して収めるのがとても難しい…
しかしここに入らない時は、息の使い方か口の中が狭いとか、身体のどこかがおかしくなってるとわかってきました。
舌を数ミリ下げただけで音程合うようになったり。
楽器の倍音もバランスよく出る感じがします。
トロンボーンって懐の大きい楽器なので、ちょっと何かが間違ってても、それなりの音が出ちゃうんですね。

しかしこれを曲で再生するのがまた次元の違う難しさ。
I’ll close my eyes の最初のドッシ〜ラ〜の3つの音だけでも、可視化すると全然音程合ってない…笑
2ポジのAって意外と難しくないですか。

f:id:nakajiimasan:20190321012025j:plain

LizarBone

LizarBoneのブラジル音楽クリニック&ライブ@joybrass
行ってきました。
LizarBoneとはブラジル音楽をやるトロンボーン4重奏バンドです。
大変良いイベントでした。
和田さんお手製のブラジル音楽解説資料(サンバ、ボサノバ、ショーロ等の違い、成り立ち。。。)
こういうの、わかりやすい資料がないので、とても良いものです。自分でつくろうとすると、とても時間がかかる。
和田さんは、めっちゃ大変だったと言っていました。

久しぶりのLizabone。2年ぶりくらいかな。。。
各個人は色んなところでお聴きしているのですが。
久しぶりに聴いたらとてもバンド感がUPしていました。
演奏は撮影アップOKとのことで、上げておきます。笑
和田充弘さんは大学時代の先輩であり、僕がトロンボーンをはじめた時からの憧れです。歌い方にものすごく影響を受けている。

www.youtube.com
和田 充弘 (Mitsuhiro Wada) - Trombone, Arr.
河野 広明 (Hiroaki Kono) - Trombone
高橋 真太郎 (Shintaro Takahashi) - Trombone
佐々木 匡史 (Tadashi Sasaki) - Bass Trombone

ピアノトリオのマスタークリニック

須川崇志、レオ・ジェノヴェーゼ、トム・レイニー
アノトリオマスタークリニック@Body & Soulを聴いてきました。

1曲、インプロ(フリージャズ)をやってから質問タイム。
さてこれは難しい、何を聞けばいいのかわかりません。笑
質疑はポツポツと出始め、その中でも印象に残った答えは
「(インプロに対して)良い演奏、悪い演奏というのは、自分が良かったかと思ったかどうか。良くないと思ったときは、それはいいことで、良いと思えるようになるまで続けること。」
ということでした。
あ、これは禅じゃないかと思いましたね。
フリージャズは禅に近い説を発議します。

禅なんて全然知らないですが、
言葉で理解できるものではなくて、理解しようとしているうちは心の外側に向かっていっているから内なる心で理解できない、みたいな。
面白そうだなと思って、禅の本をkindleに入れてみました。

セッションでフリーぽくなった時、割と苦手で何を吹くか悩んであまり絡めないのですが、
あれって自分がいいと思えばそれでいいんだな、と改めて思ったのは収穫。
これで次回は楽しくできるかも。
人が聴いてて楽しいかどうかは気にしない心。

・好きなミュージシャンをトランスクライブしてフレーズをコピーするとかではなく、この人みたいになりたいなという、その人のattitude(態度)をコピーするのが良い。その人の環境とか、その人が好きな音楽とか、シチュエーションを想像する。
これは最近思っていることと全く同じ。間違ってはいなかったようです。

後から質問してみればよかったなあと思ったことは
「インプロのCDは何回も聴き直して楽しんでいますか?」
ということでした。
僕は、1度聴いたらもうそれでほとんど終わりですね。(; ・`д・´)

木村由紀夫New Standard Quintet

木村由紀夫New Standard Quintet@関内 酔いどれ伯爵
駒野逸美さんが横浜でライブやるので行ってきました。
スタンダードしかやらないバンド、まさに全員が名手。お手本中のお手本という感じで勉強になります。
リクエストを聞かれたので、「Moment’s Notice」 と答えたら、このバンドでは初めてと言いながらやってくれました笑
この曲の駒野さんのアドリブが聴きたかった( ̄ー ̄)

若手トロンボーンプレイヤーの中でも逸材と呼ばれる駒野さんですが、やっぱり素晴らしいですね。
音の切れがよくて細かい音符がよくわかる。16分音符が続いてても全部綺麗にぴったり収まるリズムのよさ。
サックスとかトランペットでも、間の16分音符のリズムと音程がわずかによれる人って、プロでも結構いると思うんです。頭と最後はみな合ってるんですけどね。スウィングとはまた違う。
リズムいい管楽器プレイヤーってどんなのという時は、サックスの峰厚介さん聴いてもらえればわかる気がします。

あとフレーズの引き出しが多くて、手癖があんまりわからない。まあ手癖って、その人らしさでもあるので悪いこたではないですが。
向井滋春さんとか向井フレーズだらけですし。だがそれがいい

先週からいいもの聴いているので、何かいいことが起きる事を希望。
f:id:nakajiimasan:20190303103258j:plainf:id:nakajiimasan:20190303103303j:plain

Quatro Cores

昨日はQuatro Cores@野毛ジャンクでした。
ブラジル音楽4トロンボーンバンド。実は初めてでした。
多分、僕は日本でも上から100位くらいに入るくらい古今東西の色んなジャンルのトロンボーンバンドの生演奏聴いてる方だと思うんですけど、、まだライブ行ったことないバンドがあるとは…

ブラジル音楽はジャズと違って追い立てられる感がないからいいです。先週の守屋純子オケに引き続き佐野聡さん連続です。ぎゅっと詰まったミルキーな音色は僕の理想。

初野毛ジャンク。店員さん親切だしいいお店。しかし各ステージ2000円の飲食必要は、かなりしんどいノルマです。普段平日は22時で帰ることにしてるので、これなら1stだけでいいかなという推進力になる。
f:id:nakajiimasan:20190303103122j:plainf:id:nakajiimasan:20190303103129j:plain

駒野逸美レッスン

トロンボーンの駒野逸美さんにレッスンを受けてきました。
普通のレッスンじゃない感じにしようと思って、普段やってる練習や、考え方のお話しやら、音源を流して感想を聞いたりとか、とても満足な時間でした。
参加しているアルバムをかけて、これどういう感じにやったんですか?とか聞いたり、我ながら意地悪です。笑

てっきり、多分このプレイヤーをたくさんコピーしているんだろうと思っていたのに、特にそこまでではなく、逆に全く違うプレイスタイルのレジェンドが大好きだとのことで、ビックリでした。
これは色々面白いぞ。。。
他の人と対談形式で座談会やったらきっと面白い話が聴ける気がします。
駒野さんに打診してみたら、ぜひやってみたいとのこと。
これは企画したいところ。

音源のブラインドテストとかしてみたいので、良いスピーカーのあるカフェとかレンタルスペースとかそういうところがあればベストなんですが、
なかなか見当たらないですね。

守屋純子オーケストラ

守屋純子オーケストラコンサート行ってきました。
運良く突発故障も起こらず、定時ダッシュできましたが、それでも渋谷さくらホール19時開演に間に合わず。
電車で1.5時間はやはり結構遠い…笑

5年ぶりくらいかなと。流石のメンバーで満足でした。
近藤和彦氏がフィーチャーたくさんあり、更に進化しててビックリ。2枚目のソロアルバムを早く作って欲しいです。
しかし聴いてて割とトゥーマッチなサウンドで疲れちゃいます。村田陽一ビッグバンドもそうだった。Vanguard Jazz orchestra はそんなことなかった気がします。何が違うのだろう。
でもまた聴いちゃう。
f:id:nakajiimasan:20190303102803j:plain